会の概要

大阪府臨床麻酔科医会は、主に麻酔科出身医師の開業に際して不十分であった診療環境の改善と臨床医として知識の研鑚と技術の向上に努めることでペインクリニックを普及することを目指して設置された開業医を中心とする会です。

 

 

名称        大阪府臨床麻酔科医会

事務局所在地    大阪市平野区背戸口1丁目12-10

TEL            06-6708-7061

事務局責任者     松田 真弥

 

 

沿革

1.  麻酔科開業医の会の発足

1980年代、大学病院の麻酔科ペインクリニック外来ではこの分野に関心を持つ医師が診療をおこなっていたが、当時は開業に際し「ペインクリニック」を標榜できず「麻酔科」標榜で開業したが患者さんにはその診療が理解されにくい状況でした。(2007年8月より「ペインクリニック専門医」の広告が厚生労働省より認可された。)

麻酔科開業医は神経ブロックを主とした治療をおこなっていたが、医療関係者にも認知が不十分であったため診療環境に不具合が生じることがありました。

そのため開業麻酔科医が集い情報交換する場として1982年「麻酔科開業医の会」が結成されました。

 

2.  大阪府医師会学術団体への発展

その後、関係各位、大学・病院の教授・部長、近畿麻酔科医会および大阪府医師会会長の協力と理解を得て1983年11月「大阪府臨床麻酔科医会」の名で大阪府医師会内の12番目の専門医会として発足しました。

なお会は現在も全国で唯一の麻酔科医専門を標榜する医師が主体の医師会分科会です。

現在会員の多くは日本麻酔科学会指導医・認定医、日本ペインクリニック学会指導医です。

理事会は大阪府下全5大学医学部と府外1大学医学部出身の開業麻酔科医で構成され、密に連携をとっています。

 

3.  講演会の開催

年2回学術講演会、年1回総会を開催しています。

また大阪府医師会主催の講演会を定期的に担当開催しています。

その他、大阪府医師会医学会総会において演題を発表しています。